サッカー場の広告quảng cáo sân bóng

キングスポーツの紛れもない魅力により、サッカー場の広告には、ブランドと何百万もの顧客をつなぐ能力があります。 これには、フィールドに座っている視聴者だけでなく、テレビや新聞で試合を見ている何百万人もの観客も含まれます。

1. ベトナムでサッカー場の広告サービスを開発する可能性

ベトナムのサッカー村の復活は、2017年の最後の数ヶ月からはっきりと見ることができます。国際舞台でのベトナムチームの目覚ましい成果は、アジアのU23アジアカップ準優勝2018になり、ブームのようです。 再び母国のファンの心の火.

さて、サッカーの試合では、観客でいっぱいの光景を見ることができます。 選手たちは何万人ものファンの歓声に包まれ、小さな画面を通して何百万人もの観客から見守っていました。 それだけでなく、この地域のメディアやファンでさえ、多くの国際的な聴衆とともに、ベトナムのサッカーに際限のない賞賛と注目を集めました。.

これらすべての前向きなシグナルにより、サッカー場の広告市場は再び沸騰しています。 過去にこの「広告の遊び場」が非常に大きなブランドと国際的なブランドのためだけだったとしたら、今では何百ものベトナム企業が自分たちのための機会を見始めています!

quảng cáo sân bóng đá

2. サッカー場広告サービスの特徴

サッカー場の広告配置は、メディアによって注意深く調査され、展開されています。 効果的な広告パフォーマンスのために、一般的に使用されるフォームには次のものがあります。:

  • POSM (バナー、バナー、立ち客…): 小さな形式の広告は、エントランスエリア、スタンド、またはサッカー場の近くに配置されます.
  • ビルボードフットボール場: 広告看板はサッカー場の周りに設置するか、魅力と目立ちの高い大型スタンドに吊るします。 パネルには、HiflexキャンバスプリントパネルとLEDビルボードの2種類があります。.
  • その他のフォーム: サッカーチケットの広告、プレーヤーシャツのブランディング、記者会見資料、メディア,…

quảng cáo sân bóng đá

3. サッカー場で広告を使用する利点

フィールドでのみフレームワークを克服し、サッカーフィールド広告はコミュニケーション効率をもたらし、:

  • 長時間の連続アクセス時間: 試合中、スタンドにはサッカー場の看板が登場し、ファンの注目を集めました。 特に試合前、試合中、試合後の休憩時間は、これらの看板や販促品に注目が集まる時期です。.
  • テレビに広告が出る: 通常、試合はライブで録画され、テレビで放送されます。 90分間の競技中、看板は継続的にレンズに「落下」します。 これは、企業が完全に無料でテレビに投資するのに役立ちます!
  • 新聞に広告が出る: 撮影に加えて、フィールドレポーターの仕事はまたビジネスのための多くの特別な機会を作成します。 新聞に掲載されたサッカー場の広告が再び宣伝され、広まった.
  • 外国の顧客のグループを引き付ける: 前述のように、今サッカーに興味を持っているのはベトナム人だけでなく、国際的な友人でもあります。 国境を越えてブランド名をすばやく上げたい場合は、サッカー場で宣伝することを選択してください。

quảng cáo sân bóng đá

4. Sixth SenseMediaのプロフェッショナルなオールインワンサービスでサッカー場を宣伝しましょう

サッカー場の広告は新しいサービスではありませんが、成長率と搾取ユニットの数について話すことは高くありません。 Sixth Sense Mediaは、最新のすべての広告トレンドを先取りし、このサービスを活用するパイオニアの1つであることを誇りに思っています。!

サッカー場のパッケージの広告サービスを活用して提供し、投資家に相談してサポートし、最も経済的なコストに応じてキャンペーンを展開します.

サービスに関するすべての詳細情報は、直接お問い合わせください。:

contact us 1

シックスセンスメディア、JSC

ハノイ事務所

住所:No。6 Nguyen Cong Tru、Hai Ba Trung District、Hanoi

ホットライン:0934 519 516

ホーチミン事務所

住所:ホーチミン10区12区Su Van Hanh、3階、301号室

ホットライン:0982 513 898

Eメール:contact@ssm.vn

ウェブサイト:www.ssm.vn

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Post comment